「夫の算用3」からの続きです>


20141121n

夫が付き合いで買わされた?数々の家電製品の代金はOMCカードで支払うようにしましたが、
一括はムリなので、持っているカードが2枚ともリボ払いになってしまいました。

こんなはずではなかったのに、どんどん遣り繰りが厳しくなります・・・


「これでおれの営業成績が上がってボーナス査定に還元されると思えば、安いもんだ、
これくらいの損、すぐ取り戻してやるって。
目先の損得ばかり考えるなよ・・・

たまには焼肉でも食いに行こうぜ、食べ放題じゃないやつ。何なら回らない寿司でもいいけど」
と、夫はもうボーナス増加を当て込んでいるかのようです。


「食べ放題でいいって。お寿司も回るのでいいよ、私、エビアボカドとか一番好きだし」

「おれはもっと本格的なのがいいな、たまには贅沢しようや、楓子も働いてるんだから。
もうすぐ、子どもたちも二人とも小学校に入るし、幼稚園の授業料がなくなれば、もっとラクになるだろ、
そんなに心配するなよ」と、

それどころじゃないんだって、と私が困窮状態を訴えようとしても、話ができません。


夫を怒らせると、また食器や家具、電化製品が壊されてしまいます。

その度、子どもたちを怖がらせて、大切なものが失われたり傷付けられるショックも大きく、
情けない気持ちで泣きながら片づけをしたことが何度あったか・・・

夫の欠点は他にもいくつかありますが、でも私だって全然完璧な人間ではありません。

母に散々言われているので、威張れるような人間ではないとよくわかっています。
夫の欠点ばかりを責めることはできません、その分いいところだって充分過ぎるほどあります・・・

それでもたまにガマンできないときがあってケンカになったりはしますが、

こんな些細なことで険悪になるよりは・・・、と外食でまたカード払いが増えていくのでした。


本当なら、こんな苦しい状況で、さして必要でない服や靴を買ってしまうのは、不思議というか嘘だろう、
話を面白くしようと考えて、
わざとそう書いているのではないか、と思われるでしょうが、

依存症って、そういうものなんです。
傍から見れば、信じられない、バカげている、と感じられるのでしょうが、

「お金がない」「もう買ってはいけない」「支払いを先にしなければいけない」
「夫には言えない」「どうすればいいの?」

そう強く思えば思うほど、ストレスから苛々して、私は、さらにたくさんの買い物をしてしまいます。
特にバーゲンの時期になると、
買えば買うほど得になる、それで全ての損失分の埋め合わせができたような気にさえなるのです。

自分で自分の首を絞めるようなものですね・・・


一方、夫は夫で、とても気になることができたらしく、やはりイライラとした様子で、
「ちょっと出かけてくる」「散歩に行く」「その辺を見てくる」とちょくちょく家を出ることが増えました。

だいたい察しはついていました。

ベランダから見ることができないので、直接、様子を見に行っているのです。

夫はクルマと共にいつもそれを眺めていたいと思っています。

おわかりですよね、〇〇〇です、答は、次のその次の記事に書きますね。





私たち結局、似た者夫婦なのかな・・・
シリアスに書いても、なんか楽観的というか、幼稚・・・お恥ずかしい((+_+))

「コンテナルーム建設予定地?」  に続く 「その後のAさんの話」 もどうぞ( ^^) _旦~~



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


 
専業主婦ランキングへ