連れ合いの方に先立たれたり別れたり・・・または未婚とか事情はいろいろでも

一人暮らしのお年寄りってこんなものなんかな、とぼんやり考えていたときもありますが

私には、義母の暮らしが格別に寂しそうに見えてしかたないのです


image


また他の機会に書くことがあるかと思いますが、私は働いていた時は収入があったので
習い事をしていて
そこで年配の方と一緒になり、同じような一人暮らしの境遇の方

(もちろん義母よりはずっとお若い)のお宅に招かれ、伺ったりもさせて頂いていました


そういう方たちの住まいとは絶対的に違うところがあります


スポンサーリンク


おおかたの女性と同じく

義母も花が好き、手芸が好き、綺麗でかわいいものが好き・・・なのだと思います

季節の生け花、自作の貼り絵の色紙、旅行のおみやげ・・・元の家には、義母の手であちこちに何かしらが飾られていました、

私が親しくさせて頂いていた方々のお宅でも
かわいいクッションやパッチワークやレースに囲まれて、美味しいお茶やお菓子を頂きながら、
見守るように置かれている亡くなったダンナ様やご家族一同、お孫さんの写真から、思い出や話のタネや花を咲かせ・・・


しかし、義母の部屋を見回すと、そのような類のものは何も置いてない、殺風景なくらい・・・

ティーカップさえなく、いつもありあわせの不揃いな湯呑茶碗などでコーヒーを出してくれます
しかもティースプーンがないので、お箸で混ぜるかブラックでしか飲めない

若い男の子の下宿みたい(;´∀`)

義母にそのことを訊いたことがあるのです

「一度、あっちの家から、花瓶や食器や・・・そういうのを一緒に車でまとめて持ってこない?
手伝うけど?」

(義母は車の運転ができません)


そしたら、日ごろ穏やかな義母が血相を変えて声を荒げました

「楓子ちゃん、余計なことを考えないで!!そんなことしたら怒るよ!!」


「・・・ じゃあ、必要なものを買いにいこうよ、プレゼントするよ

お義母さん、不便じゃないかと思って・・・」

ガスコンロさえなくて、カセットコンロを使い
炊飯器もなく、土鍋でご飯を炊いているんです
(これは、土鍋のが美味しいっていう好みなのかもしれませんが・・・)


「仮住まいなんだから不便でいいの!!

買おうと思えばいつでも買える、お金がないわけでも節約してるわけでもない、


言っておくけど何も買わないでよ、もったいなくて言うのじゃないの、

必要ない、ジャマ、迷惑だからね!!

いつでもすぐに引っ越しできるようにわざとモノを増やさないようにしてるというのに!!


私は・・・

こんなところにずっと住む気はないんだから!!」





お好きなバナーを押してお好きなランキングにどうぞ♪応援よろしくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村


にほんブログ村


専業主婦ランキングへ


機会あるごとに、義姉に義母を家に戻してくれるようかけあっていますが

「そんな気は全くない」と、とりつくしまもなく断られています


夫も何度も義母に「いつまでもこんな生活を続けているより、うちに来て一緒に暮らさないか?
孫と一緒に住みたいなら、うちにも孫はいるじゃないか」と声をかけていますが

義母は「ありがたいけど知り合いが一人も居ない遠い土地へは行きたくない、
申し訳ないけど年に何回かしか会わない孫より
赤ちゃんの頃から手塩にかけて可愛がって育てた孫と暮らしたい、
せめて近くに居たい、唯一といっていい楽しみなんだから」と涙を流すんです



私たちがなぜ日帰りで強行突破のような帰省をしているか・・・

不思議に思われた方がいらっしゃるかもしれません


実家にも義実家にも泊まるところ、ゆっくり寛げる場所すらないからです、

物理的にも精神的にも・・・




読んで頂き、ありがとうございました( ^^) _旦~~