毎回必ず実家と義実家分け隔てなく同じ日に帰省していた私たちですが

今年のお盆は、(私だけ)義実家に行かずに済み、少しほっとしています



ありがちな嫁姑の関係・・・いうのではありません、
義実家を訪問すると何ともいえず重苦しくなって

ムシャクシャどこにもぶつけようのない怒りを抑えてズーンと疲れるばかりなのは

私だけではないのです、他ならぬ夫自身も

不機嫌になって音楽もかけず、ただただ頭を空っぽにするために

ハンドル操作に集中して車を走らせている

無心になろうとして押し黙ったままなのがわかるのです


スポンサーリンク



義母は、ワンルーム・・・と言えば聞こえが良すぎますね

6畳一部屋にダイニングキッチン、風呂、トイレ・・・古くて狭い木造1DKに住んでいます


長年住み慣れた家を義兄夫婦から追い出だされるように、独り暮らしを強いられてもう10年以上経つでしょうか

理由はよくわかりませんが、義兄一家には義母がジャマだということなんでしょう

本来ならば、自分たちが出て行けばいいことなんですが、

このブログに綴ってきたように義兄は殆ど定職についていません、今は

定収入はあるようなのですが、

自分たちがこんな辛い目に遭うのは誰のせいだ、責任を取れ、と二人で詰って

義母は、自分の年金と義父の遺族年金を受給していますが、そこからまだ義兄一家に毎月の援助まで強制されているので

自ら望んでの隠居といったノンビリ悠々自適といった雰囲気ではなく

つましく地味な面白みの感じられないような暮らしぶりです


私たちの帰省に合わせて、義母も

元の家に帰るのを楽しみにしているのです

義父と義母が土地を買い家を建て、ご近所に知り合いも多い、義母にとっては

自分の家なのに一時帰宅のような形・・・


おかしいですよね、

おかしくないですか?


自分が今書いていても理不尽で、なんでこうなってるのかムカムカしてきます



同居していた頃は、自分たちの子どもの世話を義母に託したり、家のリフォームをさせたり、
食費や家賃も光熱費も要らず生活ができ、義兄夫婦は散々いい思いもしてきたはずです


なのに、子どもたちが大きくなり

義母が年を取ってから、「家事もロクにできない、役に立たない、テレビばかり見てゴロゴロして目障り、神経に障る、同居してると甘えてボケる」

と言ってこの仕打ち・・・



そんな都合のいい理屈、通るんでしょうか・・・


お好きなバナーを押してお好きなランキングにどうぞ♪応援よろしくお願い致しますm(__)m

にほんブログ村


にほんブログ村


専業主婦ランキングへ


私が夫なら、当たらず障らず、より、まず兄や義姉に対して抗議するでしょう


でも夫は、兄の病気が悪化したり、今にも義姉が離婚を言い出さないかと心配で何も言えないんです

そういう性格です



悩みのタネだった兄がやっと働いて、面倒を見てくれてる人(義姉)がいて
何とか生活を維持してくれている

それがダメになったら、おれらが頼られる、寄生されるんだぞ

何もおれは「いい人」になろうとしているわけではない、自分の生活を守りたいだけだ



なにより当人である母さんがこの現状を良しとしているんだ、何も言えないだろ



私は、

お金がない老後、というものは、そんなに辛いものではないのでは、と思うのです


全くお金がないと困るけれど・・・





本当に悲しい老後、そうじゃない老後ってどういうものか・・・

老後に備えるって

お金だけの事なのかな・・・



ってよく考えます



皆様はどう思われますか?

image




読んで頂き、ありがとうございました( ^^) _旦~~