「母からの電話(意外な結末)」 からの続きです>


enomoto



こうして、私たちは、無事に念願の新築一戸建を手に入れ、約半年後に移り住むことになりました。

(詳しい経緯は、カテゴリ「借金の理由①~⑤」をご覧いただければ幸いです・・・)


買うのが精いっぱいで手元には一銭も残っていません・・・引っ越し費用すら出せません。

もちろん、クレジット払いにするしかありませんでした。


本当はもっとオークションで稼ぎたかったのですが、夫から、

「オークションでこんなに売るなんて、明らかに買い過ぎだろう、
買った金額で売れるわけもないし、高く買って安く売るなんて結局損をしてるじゃないか、
いい加減にしろ」
と叱責を受けてしまった以上、
何でもかんでも売りに出すということができませんでした。

同じIDを使っていたので、売買情報は筒抜けでしたから。

ならば違うIDを作ればいいじゃないか、と思われるかもしれません。

しかし、オークションというのは、ブランドの偽物が売りに出されていたり、画像で良く見せてはいるけれど、
届いた実物がとても使用(着用)に耐えないような品物(服)だったり、
酷い場合は盗品であったり、
初めから送る気がないのか実物が存在しないのか、商品画像さえメーカーの公式HPからのコピペであったり・・・
実際、先払いで代金を振り込んだのに商品を送って来なかったり・・・
と詐欺まがいの出品者が少なからず存在します。

※ブランドのコピー商品の売買はもちろん違法ですが、
出品者が偽物と知らず、ホンモノと信じ込んで売りに出した場合は処罰の対象外になります

ブランド品が格別の安値で出されている場合、
真贋に関する明言を避けて、
「貰い物ですので、正規ショップで購入されたものかどうかはわかりません」
「以前こちらのオークションで、ホンモノという説明で譲り受けましたが、使う機会がない(急にお金が入用になった)ので泣く泣く出品させて頂きます」などと上手く説明されているときは確信犯かもしれません、要注意です


多くの人は、出品者の履歴や評価などの取引情報で信用の可否を判断しているわけです。

新規ID、取引履歴の少ないIDでは信頼が得られず、入札されにくくなります。
希望価格以上で売ることが難しくなるのは必至といえます。

また、取引が成立しても、

出品情報や名前から、相手に若い女性と思われたうえに、住所や連絡先を知られるのはためらいがありました。
相手が女性とわかれば、私も実名を明かしていましたが、そうでない場合も多かったので、
夫の名義を使い続けたかったのです・・・


せっかく買った服やバッグを、あまり使っていないとはいえ殆ど売り払ってしまうのも嫌でした。

いつか、あのバッグを使おうと思ったときに、

もうあれはなくなってしまったんだった・・・と改めて気づくのは本当に寂しい。

自分のお気に入りはやっぱり残しておきたいです。


むしろ、趣味に合わなくて使っていない、夫からプレゼントされたバッグやアクセを売りたかったですが、
さすがに、

そこまではしない方が賢明だろうと思いました。



引っ越しの当日は大変でした。

これまで引っ越しは何度かしているのですが、子どもたちの荷物が増えているので、なかなか片付きません。

夕方近くになって、なんとかダンボールの荷解きをほぼ済ませ、いよいよ大変なことに気がつきました。

「あっ!!もうすぐ日が沈むよ、早く照明を取り付けないと真っ暗になっちゃう・・・」
夫を急かせると、

「あれっ!?なんだ、
持ってきた照明器具だと規格が合わなくて付けられない部屋があるぞ、すぐに買いに行こう」
と言います。

「ええーっ、そんなことってあるの?」

「今まではマンションだったからな、ごく一般的な既製品の規格に合わせてあったんだろう、
ここは、やっぱり少し凝った造りになっているらしいな」

夫に任せるととんでもない照明器具を買ってくるに決まっています。

二人で大急ぎで買いに行って、日没に間に合ってほっとしたのもつかの間。


「あっ!カーテンをつけようと思ったら、カーテンレールがないよ!!」

「そうか、これまでは賃貸マンションや中古マンションで、カーテンレールが備え付けられていて、
それが当然と思っていたけど、
考えてみれば、あるわけないよな」

「どうしよう・・・すぐ買いにいかなくちゃ!!」

「待てよ、カーテンなんか要らないだろ、お金もかかるし、徐々に揃えていけばいいじゃないか」
夫は、もう落ち着こうよ、疲れた、飯にしようや・・・とのんびりしています。

「何言ってんの、これじゃあ外から丸見えなんだよ、防犯上もよくないよ!!」


新築戸建って、何にもないんです・・・

気がつけば、引っ越し当日に、たくさんクレジットカードを使っていました。

しかも、それで終わりではありませんでした・・・


スポンサーリンク



今回から、新章、新カテゴリ「天国と地獄」になります

これは、黒澤明監督の映画のタイトルですね・・・

貧しい底辺の暮らしをしている若者が、羨望と憎悪を籠めていつも見上げていた小高い山上に聳える豪邸・・・
そこからどういう物語が展開していくのか、
ご存知の方は多いと思います

父から観るのを薦められ、私も好きな映画になったので、タイトルをお借りしました

これからもお付き合いのほどよろしくお願いしますm(__)m



「男と女って考え方が違うのかな・・・」 に続きます( ^^) _旦~~



↓↓とても励みになっています、ありがとうございます(*^^*)


にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


↓↓WITH2ランキングにもご支援お願いします♪


専業主婦ランキングへ


お読み頂き、ありがとうございました(*^^*)