我が家では、妻である私が夫の給与振込口座を管理し、家計を預かって、夫に毎月定額のお小遣いを渡しています。



ごく一般的かと思っていたのですが、逆にご主人様がすべてを管理し、奥様に食費等、必要経費を渡される、
というご家庭も多いみたいですね。


共働きのご夫婦では、別会計で共用費用だけを折半されていたり、
住居費、光熱費、食費など費目別に分担されているという話も聞きます。


私の理想はもちろん・・・

共働きで、夫の給料も私の給料も、私がまとめて管理。

夫の給料から家計と貯蓄を支出し、余った分と私の給料は、私のお小遣い(≧▽≦)


なんて妄想するだけで楽しいけど、何か大事なものを忘れているような・・・



そう、夫のお小遣いでした。



おいおい書いていきたいと思っていますが、


我が家は、賃貸住宅から賃貸住宅へ移り、お金もないのに中古マンション購入、

価格が下がってから売却、もちろん売却損が出て(これ、一番アカンやつやー(;´Д`)

なのに新築戸建を購入したわけで、

引っ越しの度にマイナスからのリスタートになってるんですね。


今の家に住み始めた頃、私はパート勤めをしていたのですが、もっと時間を増やして働かなきゃ、と焦りも疲れもピーク状態。



さすがに夫が、
「これまで昼食代と通勤費込みで5万円の小遣いをもらっていたけど、
実際、直行直帰を増やすとそんなに交通費はかからないから、これからは3万円でいいよ」と申し出てくれたときは、
「そんなムリしなくていいよ」と言いながら、内心ホッとしたものです。



でも、やっぱりどうしてもお金が足りません。


ダメだとわかっているのに、口を開けば、お金がない、足りないという言葉がつい出てしまいます。

「おかず、少なくてゴメン。お金がなくて」

「家で過ごせばいいじゃん、出かけるとお金使うし」

「贅沢言わないで節約してよ」


とうとうあるとき、キレやすい夫がブチギレ。


「うるさい、おれだって節約してるんや!」

「こんなこと、もうやめた!あほらしい!」


ノートパソコンでエクセルを使ってお小遣いのやり繰りをしていたらしく、
それを床に投げて大暴れ・・・




なので、長年、夫のお小遣いは5万円です。



結構な負担です。妄想の中でだけでも忘れていたい(^^;)





「夫のお小遣い2(なんでおごってくれたの?)」 に続きます



にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 専業主婦へ
にほんブログ村


にほんブログ村 その他生活ブログ 借金・借金苦へ
にほんブログ村


 
専業主婦ランキングへ